まだ使えるならリサイクル!その方法を一挙大公開

すぐに始めよう!身近なものをリサイクルする方法

リサイクルの歴史と概要

衣類や家電、様々なものをリサイクルする方法といえばリサイクルショップへ持ち込むのが良いです。 都会、地方限らず多くのリサイクルショップがあるので、気軽に持ち込めるのがメリットです。持込方法や注意点を公開しています。出張サービスをしているところもあるので安心です。

ネットを使ってリサイクル

日中は中々時間が取れない、あるいは実店舗が近くにない場合はネットを使ってリサイクルに出すのも良い方法です。 ネットオークションやフリマアプリを使えば、自宅でいながら世界中の方にリサイクル製品を販売する事が出来ますし思わぬ収入につながりやすいです。

リサイクルショップへ持ち込んでみよう

1998年に成立したリサイクル法はあっという間に浸透し、今やリサイクルは当たり前になりつつあります。近年では新品を購入するよりも中古で購入し、不要になったら売却するという事も珍しくありません。

ちなみに日本ではリサイクル法が成立するよりも以前からリサイクルが根付いていた珍しい文化を持つ国です。文献によると奈良時代にはすでにリサイクル文化があり、再生紙を利用しています。江戸時代になるとリサイクルは盛んになり古着や古紙を利用するのが一般的でした。特に古着は貴族が使い古したものを着用するのがトレンドで、その中に自分らしさを追及するといった独特の遊びをしていた様です。

明治・大正になると産業が発展し、リサイクルが商売になっていきました。昭和になると第二次世界大戦が勃発した事で日本は慢性的な物資不足に陥りました。そこで米国から大量の衣類を含む物資が送られてきて、それをリサイクルした事でアメカジという新しいファッション文化が生まれました。

現代では古着だけでは無くビンや缶など数多くの製品をリサイクルしています。法人としてリサイクル品を扱っているケースはもちろんですが、個人間でやり取りをする事も出来るので上手にリサイクルをすれば臨時収入になる可能性もあります。

ここでは身近にあるもののリサイクル方法を公開しています。環境に優しく臨時収入も得られるなんて一石二鳥です。まずは自宅に眠っているいらないものを探してみましょう。

寄付ってどうやってすればいい?

利益を気にしないのであれば寄付をするのも良い方法といえます。自治体だけでは無く被災地や路上生活者・果ては国外の方にも寄付が出来ます。 その方法はもちろんの事、注意点やメリットについて説明していますので誰かの役に立ちたいと考える方におすすめです。

TOPへ戻る